2014年7月24日木曜日

TR9090

TR9090はTR909のクローンで有名なラック音源です。

オリジナルと違いシーケンサーがないので
KorgのELECTRIBEを使って使用しています。



 TR909といえば何十年も昔からテクノのリズムを刻んできたリズムマシンですが、最近は状態の良い中古が出ることはなかなかないようです。
 そんなTR909も本家のRolandがクローンと呼んで良いのか?TR8が発売されました。
 アナログではなく完全にデジタル化された音源ですが、直接聴いた感じでは良く出来ているなぁ~っと感心させられます。808と909の2台分の音源が入ってあんなに軽いのでしたらまったく問題なしにライブへ持っていけるでしょう。


 TR9090の取り説はこちらです(英語)

 操作方法で一番重要になるのはMIDIでコントロールする時の設定方法です。シーケンサーがないラック音源なので、外部のMIDIチャンネルやノート信号の設定をしないといけません。私はiPadのMIDIソフトを使って設定を変えています。

 デフォルトの設定はこうなります。
 F0 00 90 90 23 24 25 26 28 27 27 29 2B 2A
 2C 2D 2F 2E 2E 30 32 31 31 33 33 00 F7

 iPadのMidi Tool Boxではこのように入力しています。


 取り説の表示だと以下のようになりますが、それぞれのリズム音源を鳴らすために、鍵盤の位置を変更する必要があるときはこの表をもとに設定していきます。

Byte # - Function Default -  (hex)
0            Sys-Ex Start            F0
1            Identifier                 00
2            Identifier                 90
3            Identifier                 90
4            Bass Drum              23
5            Bass Drum              24
6            Rim Shot                25
7            Snare Drum            26
8            Snare Drum            28
9            Hand Clap               27
10          Hand Clap               27
11          Low Tom                 29
12          Low Tom                 2B
13          Closed Hat               2A
14          Closed Hat               2C
15          Mid Tom                  2D
16          Mid Tom                  2F
17          Open Hat                 2E
18          Open Hat                 2E
19          Hi Tom                     30
20          Hi Tom                     32
21          Crash Cymbal           31
22          Crash Cymbal           31
23          Ride Cymbal             33
24          Ride Cymbal             33
25      Cymbal Hi-Hat Sustain   00
26          Sys-Ex Finish            F7

・補足:(25 Cymbal & Hi-Hat Sustain 00)と表示されていますが、この設定だとノート信号が切れた瞬間にシンバルの音が切れます、そのためノート信号を入れた後でもシンバルのリリースがなるようにするためには、最後の(00)を(7F)にします。(25 Cymbal & Hi-Hat Sustain 7F)このように入力すればシンバルが最後までなってくれます。


・まずはMIDIチャンネルの設定です。
 最初にTR9090をフィギュレーションモードにします。プッシュスイッチを押しながら電源を入れるとLEDが点滅します。この状態になればフィギレーションモードです。
 次に、TR9090のMIDIインに、MIDIコントローラから設定したいMIDIチャンネルでノート信号を入力します。たとえば外部のMIDIコントローラーのチャンネルが1のときは、フィギレーションモードの時に鍵盤を押して、TR9090に信号を入力するとチャンネルが1に設定されます。受信したかどうかはLEDの点滅が変化するのでわかると思います。

・そして、次にそれぞれのノート信号の設定方法なのですが、条件を覚えればそれほど難しくはありません。

表を作成しました。

ノート・・・hex

C1・・・・・24
C#1・・・・25
D1・・・・・26
D#1・・・・27
E1・・・・・28
F1・・・・・29
F#1・・・・2A
G1・・・・・2B
G#1・・・・2C
A1・・・・・2D
A#1・・・・2E
B1・・・・・2F
C2・・・・・30
C#2・・・・31

 たとえば、デフォルトでBassDrumは23と24でなるように設定されていますが、ここで言う23は鍵盤の位置B0で24はC1でノートを受信するという意味になります。





 以下紹介など。

 プロトタイプ
 一番最初に届いてきた箱なしのプロトタイプ。
触るとびりびりノイズが入ってしまいましたが、初9090だったので一番印象に残った姿です(笑)



 リズムをCompで圧縮せずにそのままの状態でMixした曲。
Compで圧縮したほうが良いのか?しないほうが良いのか?悩むところですが、圧縮されていないやさしい感じは低域が心地よく響きます。そのため低いBessと重なっても違和感なく重なってくれます。




 MIDIBox SID V2と一緒に。
Miami(TR808)と比べてボトムが高い位置にあるため9090はあえて重いBessを入れないでMixすると明るい印象の曲になります。PadなどはおもいっきりLowCutしてLeadは気持ち突っ込み気味で全体のバランスをそろえています。
 


 こちらは9090にEmu PlanetEarthの音を混ぜて作った曲です。
圧縮は強めで低域少しブースト。






TR9090を使ってのTest音源。
全体的にリズムのループを短くして、リズム以外で展開を作る感じです。
どの曲もCompで圧縮強めにしてリズムを押さえています。







 こちらの5曲はCompの圧縮を控えめにして重くしています。
xOxbOx2台使いで1台はSherman FilterBank2に通して歪ませています。
今のところこのスタイルが一番気分が盛り上がるようです。