2013年3月13日水曜日

Namekuji Night 6 (報告)



3月9日(土)

いつもお世話になりますimplant4様のイベントへ出演しました。
 今年も個性豊かな出演メンバーがそろい、機材ネタの会話もはずみ、楽しむことが出来ました。

・イベントリンク

・イベントと同時に行われましたNNコンピ「NC2」
(こちらも楽しく拝聴しました)

・twitterまとめ
 http://togetter.com/li/469093

【出発】

機材セットはいつもと変わらずAcidセットです。


出発前に神社へ
イベントの成功をお祈りしました。


 お昼前にはJR大阪駅に到着
JR大阪駅 しばらく来ないうちに迷路のようになっておりました。
地下鉄を利用して心斎橋へ


若者の街 アメ村




【会場】

会場に到着しました。

昨年とは変わりイベントスペースとして充実



【機材セッティング】

出演者のセッティングの時間となりますが、私は早々にセッティング。14時には準備OKでした。


14時には続々と機材のセッティング。
これは!!
FOSTEX MODEL 3180 (スプリングリバーブ)
Doepfer(ドイプファー)
http://fukusan.com/products/doepfer/doepfer-index.html
ローランド RE-201
https://www.google.co.jp/search

これは!なつかしい・・・ALESIS airFX 2台!!
http://www.alesis.jp/products/airfx/

機材??
食材!!

【イベントスタート前に記念撮影】





 【Hidetaka horie

 ついにスタート!!
 以前にJIN-Cromanyon(ジンクロマニョン)としてナメクジナイトに出演されたことがあり、今回はアーティストネームも変わってどんな曲になるのか期待。
・打ち込みが複雑なリズムトラックからスタート。NNコンピにもUPされていた曲もライブで披露。
使いこなされた機材に試行錯誤の音楽制作のようすが感じられます。





 【Sick of TV TAKE】

前半は太いひずみのきいたBaseが印象的、途中から聴こえてくるシンセリフが曲の展開を明瞭にし、最後にはハデなリズムトラックへ展開。
 曲の構成や展開を考えてのライブにはDANCE MUSIC制作の意気込みを感じる。

soundcloud :https://soundcloud.com/sickoftv






【ビデオシンセ発動!】





 【源さくら

今回は急きょ一人でのライブに変更。最初はメロディアスなトラック。次はノリのいいリズムにのせてアナログ感あるベースラインにシンセリード。
 ライブの後に話をうかがうと、KRONOSにKORGの古いアナログシンセのモデリングが入っているとのこと。KORGの技術力にはおどろかされました。





 【OgAtA

初ライブにかなり気合の入ったライブセット。しかし、機材トラブルで一曲演奏できなかったのは悔しい!! けど、ドラムの手さばきと力強さをみて一同どよめく。アンコールにこたえての2回のライブはAmazing!!
・後日UPされたライブ予定の曲も要チェック!!






 【シロくまおのダブダブショー

ビデオシンセサイザーを使用しての映像表現が面白かったです。
「オープニングにナメクジナイト」?? エフェクターのコントロールさばきが素晴らしいく。小刻みなステップと合わせてタイミングもピッタリ。
(一同歓声)

しかし、途中でプレーヤーがぁぁぁっ・・・!!!
 最後に江州音頭が再生された時にはおどろき!!!

ライブ録音がUPされていました。
https://soundcloud.com/electricsonus/at-nn6-2013-3-9

 【909state

一見するとTB‐303に見えるが実はTT-303。OctatrackとセットでAcidトラックを演奏。歪みのきいたアシッドはクラブでも聴いてみたい!!
info909
soundcloud : https://soundcloud.com/909state



 【 Ohisama+Project_TOMAX 

今回、初のユニットということで、昨年の餃子のBGMと違いかなりハード!!
ボーカルも入り終始ノリの良いリズムが展開されていく。年々ビターに変化するohisama、これからの活躍も期待!!

HP:http://www.k2.dion.ne.jp/~to-max/
soundcloud :http://m.soundcloud.com/samaohi



 【Xasso

オープニングはノイズマシンによる演奏。そして、リズムトラックからのxoxbx使用によるアシッドベース。クリターアンドギタリのポケットピアノから出るアルペジオがGood。



 【reckey

「Fostex 3180」は、以前にすごく音がいいと聞いたことがあるので今回生で聴けるとあって注目。重い機材とギターを会場に持ってくる姿は音への強いこだわりを感じる。

 しかし、音へのこだわりだけではない。ギターの音をリアルタイムでサンプリングしながら演奏している姿には、緊張感を持ちながらもうまく使いこなしている感じが伝わってくる。エフェクターとサンプラーのつなぎが素晴らしい♪
 NNコンピの曲もリアルタイムで聴くことができて満足!

SoundCloud : https://soundcloud.com/reckey
twitter: https://twitter.com/reckeysound






 【mg4m

 ROLAND SH-32から発せられる発振音。ディレイかシンセのドローンとも言えない音、ダークでヘビーな雰囲気には白黒写真がクール。




 【CoCo106番屋】

(ココナンバー・ワンオーシックス・ショップ↑)

・お待ちかね、カレータイム♪
 心の中でカッコ良く何度も繰り返し発音し続けた結果が良かったのか?イベントの注目のまと、106カレーにありつくことが出来た。

 どこかで見たことがあるようなネームプレートではあるが、イベントの雰囲気との相性が抜群に良いため特に気にする必要はない。

 個人的見解をふまえつつお店の雰囲気を察するところ、portamento(ポルタメント)ノブが80%に設定されているところからして、オーナーのカレーへの味付けに対する強いこだわりを感じる。これはピッチベンドでも、グリッサンドでもない。

 往年の名機、TB‐303を彷彿とさせるお店の雰囲気は期待感をベースラインに変化させながらフツフツと湧き上がるものを私に感じさせてくれた。
 そしてさらに、TR909のシャツとカバンをお持ちであるところからして、探究心を持ちながらも正統派としてのカレー屋の地位を確立している強い心意気を感じた。

 程よく会場一帯にスパイシーな香りを広めながら、最終的にはイベント終了あたりですべて完売となる。この調整と配分のバランス加減は、WAVESのマスタリングソフトへの憧れを思い起こしてくれる。

 たじろぐ私を尻目に、淡々と調理する姿はもはやイベントにとって欠かせない存在!!
 口あたりの良い味付けは、美しいポルタメントカーブを描き心にやさしく染み込んでくる。食事を進める中で、さまざまな食材や調味料が持つ個性を感じ取ることができた。この個性を106カレーの特徴として一つにまとめる味付け、これはまさしくMini Moogのフィルターのようであった。
Review by Kick.S



 【Yebisu303

 以前に「TB OR NOT TB」の音源を聴いたときから注目していた存在。埼玉から大阪へ、往復夜行バスに乗ってくる姿はまさに自宅に帰るまでがNamekuji Night!!

Elektron MachinedrumとxOxbOx(改造)を使用してのライブ。そして、Yebisu303の繊細な手さばきはまさしく本物。関東から期待に応えてアシッドハウスをお届け。

 ライブ途中からOhisama&909stateも参加。

 聴衆を巻き込みながらもライブをこなすYebisu氏はすごい。急きょ参加が決まった4月28日の京都でのライブも期待大。





 【Takumi Higashi

 MacBookの明かりの中、korg kaosspad miniやコントローラーをリアルタイムで操作しながらのライブ。しなやかなシンセパッドと繊細なリズムの打ち込みはアーティストの個性が出ています。
 音雲にUPされている音源ですが、カワイイ猫の写真を見ながらじっくりと聴くことをお勧めします。
 
 



 【SARAEVO

4人のメンバーによるバンドSARAEVO。
 即興演奏によるambient dubは、4名のこだわりが一つにまとまった無限の可能性を秘めたライブ。残念なことに私は出番が次だったため全体を通して聴くことが出来ませんでしたが、個人的にはお互いの音をつなぐケーブルにBELDEN 82761を使用しているところに感銘を受けました。あと、オープンリールが出てきたときには驚きを隠せないでいたのは言うまでもありません。

HP http://saraevo.org/

オープンリール!!





 【私です・・・】






 【The Outsider

イベント前にお話しをうかがったところ、今までとちょっと違うことをするということで楽しみにしておりました。
 使用する機材はx0xb0x x2、Boss DR-110 (自作激改造済み)、 iPad (PPG Wavegenerator)、 エフェクター色々との話しどおり、複数の機材をミキサーにまとめてのライブ。1台は自作のxOxbOxと改造されたドラムマシーンを持ち込む姿はやはりシンセが好きなのだと一目で感じ取れます。

 リリースしている曲のxOxのリードの使い方が以前から気になっていたので、今回盗み見ようかと思ったのですが・・・。私はライブ後の片づけとOutsider氏のライブ撮影に集中したため手元を見るのを忘れてしまいました。次回にお預け・・・。

 次の日には動画がUPされていていましたので下に添付。

soundcloud : https://soundcloud.com/the_outsider/
こちらもチェック⇒http://tokyo-electro-beat.net/post/32734727078/electro-kraftwerk-radio





【交流タイム】

 餃子パーティーと合わせて、普段話ができないディープな会話をしました。手に持っていたアンパンを焼いてみたところ、味もまたDeep!!



【お疲れ様でした】







【NN6ダイジェスト】