2013年1月15日火曜日

gizmOx  ( Black Enclosure x0xb0x )



 【gizm0x】


 以前から気になっていたgizm0xさんのXOXBOXですが、手に入れる機会が訪れました。

 Twitter経由でメールで製品の問い合わせをすると、丁寧に返答をいただき、さらにXOXBOXの改造等の質問や疑問についても色々と勉強になる答えをいただきました。
 そして、気になっていたyoutubeにUPされているjellyfish modについても改造が楽しみな話しを聴くことが出来ました。
 今回は改造されていないノーマルなXOXBOXを手入です。






  【到着】

 首を長くして待つとXOXBOXが到着しました。
 中を開けてみると、想像していた以上の梱包の丁寧さで驚きました。付属品も丁寧に梱包されていて、ここまでしていただくと機材への愛情すら感じます。






  【使用感】

 【手にして】

 実際に手に持って触ってみました。
 こういったすべて手作業で制作するシンセには、必ず手作業独特の荒さがあるものなのですが、手にとってXOXBOXを使用してみた感じでは、全く手作業で制作された感じはなく、完成度の高い精巧なシンセと呼ぶにふさわしい出来です。

 【ボタン・ツマミ】

 各ボタンの反応、ツマミを回したときのしっくり感や触った時の感触など、どこを見ても全く隙のない丁寧な作りです。
 そして、アルミ制のケースですので演奏中に金属部分を触るとオーディオにノイズが入るものだと思っていたのですが、その点もぬかりなく丁寧に処理がされていましたので驚きました。

 【ピッチ&シーケンサー】

 私の家の環境は冬場の室温の低い部屋でしたが、ピッチは常に安定性があり長時間の使用でも気になりませんでした。
 あとシーケンスを走らせてヘッドホンで聴いた時に気付いたのですが、ノートとノートの間で、聴こえるか聴こえないかぐらいの短いプチプチ音が入ります。
 実はこの音はリズムのグルーヴを作るのには重要な役目を果たしますが、XOXBOXからは安定して全ステップから聴こえてきます。このことを考えると、制作者が細部まで徹底してXOXBOXを調整されている様子を私は感じとりました。

 【ノイズ】

 あと最後にレゾナンスとフィルターエンベロープを最大にして、フィルターを開閉した時に出る内部での歪みの発生は、このXOXBOXでは問題ありませんでした。これで、安心してレベル最大でリバーブをかけることが出来ます。

 以下動画で実践的にご紹介します。


   【パルス波】


 【ノコギリ波】


  xOxbOx VS memory boy 


 【 xOxbOx VS Bassballs 



 【 xOxbOx VS Small Stone 



Blog Map